当教室で使用する中国語のテキスト

中国語のテキスト・教科書 受講生の現在の中国語のレベルと学習の目的によって、使用するテキストが異なります。
現在のレベルと学習目的に応じて一人一人に一番相応しいテキストを提案しております。
また状況に応じて、補助するテキストを使う場合もあります。

現在主に使っている中国語のテキストは次になります。

当教室で中国語初級レッスンに使う主なテキスト

◆ 『新・みんなの中国語会話』
このテキストは会話を中心としています。
様々な場面の会話を挙げているので、読者に適応しやすいと思います。
CDは4枚あり、ゆっくり文を読み上げることで、聞き取りやすく、初心者にとって大変ありがたいテキストでし図書館での中国語ょう。
また、練習の量もたっぷりあることで、会話能力や聴解能力も必ず高めることが期待できるでしょう。

◆ 『一冊目の中国語』
この本は文法の基礎をしっかり学びたい方にお勧めです。
会話が少ないですが、例文が多く、実用的です。

◆ 『漢語会話301句 上』
『漢語会話301句 下』
多くの中国語教室などに使われているテキストです。会話が簡単でスタートしやすいです。

◆『中国語へのアプローチ』
   会話を中心とするテキストです。内容が実用的で、文法も厳選したもので、具体例で文法を理解してもらうように工夫しているテキストだと考えます。

◆『中国語ポイント55』
   練習を通して、文法のポイントを理解してもらうことを工夫しています。

◆『1年生のコミュニケーション中国語』
   基本的な表現を繰り返し練習できるので、初心者でも中国人とコミュニケーションできるように目指している方にはおすすめできます。

◆『一年生のころ』
   携帯しやすいサイズです。内容満喫ですが、分かりやすいテキストです。

◆『1冊めの中国語』(会話クラス・購読クラス)
会話と購読はセットですが、内容は大体同じで、より受講生の理解力・会話力を高めることができるテキストです。

当教室で中国語準中級レッスンに使う主なテキスト

◆ 『快楽学漢語・説漢語』 (準中級)
   実用的な会話、生きた会話を繰り返し練習できるテキストです。イラストを使ってたっぷり練習問題を出しているので、使いやすいテキストです。

◆ 『話せて使える中国語』
初級を終え、中級レベル未満な方に最適です。
特にコミュニケーション力をアップしたい方にお勧めです。
「聞く」と「話す」に重点を置いているので、実用的です。

◆『中国語つぎへの一歩』
  初級が終えた方にお勧めです。優しい内容で継続できるように工夫している「やさしめの準中級」テキストです。

◆『応用中国語教室』
  初級が終えた後、やや難易度の高い表現を身に付けることができるテキストです。

◆『中国語へのアプローチⅡ』
  場面を想定した自然な会話を中心に、文法も意識的に絞り込んでいるので、初級と中級の掛け橋に最適なテキストだと言ってもよいでしょう。

当教室で中国語中級レッスンに使う主なテキスト

◆ 『快楽学漢語・説漢語』 (中級)
中級レベルの中国語コミュニケーション能力を身に付けることができます。実用的な会話、生きた会話を繰り返し練習できるテキストです。イラストを使ってたっぷり練習問題を出しているので、使いやすいテキストです。
◆『大学生のための 現代中国語12話』
中国の文化や社会について理解を深めることができるテキストです。理解力や総合的中国語力を高めることができるでしょう。

◆『実用ビジネス中国語会話』
実際のビジネス場面を想定し、中国語の基礎表現・難易度高めな表現と応用力を向上させることに重点を置いているテキストです。中国とビジネスが関わる方にお勧めできるテキストです。

◆『中国人の暮らし』
  中国生活習慣や習俗を取り上げたテキストです。分かりやすい会話文も読解文に分かれ、会話も読む力もアップでき、内容も面白いです。

当教室で中国語中上級レッスンに使う主なテキスト

◆ 『快楽学漢語・説漢語』 (中上級)
中国語の中上級レベルの単語、文法をマスターし、中上級以上の中国語コミュニケーション力を身に付けることができます。『快楽学漢語・説漢語』(準中級・中級・中上級)セットで使って学習していくことがより効果的でしょう。
◆ 『時事中国語の教科書』
現代中国の事情をと取り込むテキストです。

◆『中国語コミュニケーション能力養成教本 テイク・オフ』
分量たっぷりです。実践的中国語コミュニケーション能力を高めることができます。



pagetop