日中プチコーナー

2013/12/20(金)

新語とは?

中国は経済発展によって、社会も大きく変わっています。
新語は社会発展の産物であると言ってもよいでしょう。

さて、
中国語の「剰女」との言葉を聞いたことがありますか?何の意味だと思いますか?
今回は新語の「剰女」について少し触れていきたいと思います。

中国語の「剰女」

「剰女」という言葉は2007年教育部が公表した新語の一つであります。

意味は一般の人が思われている適婚年齢を過ぎても、まだ未婚女性を指します。

一般的に27歳以上の学歴も収入も外貌も良いシングル女性を指すことが多いですが、それに対して各条件が劣っている人も少なくないようです。

「剰女」になる一因としては結婚相手に対して条件が高いと挙げられています。
日本でもバブルの時代では、女性が求める理想な結婚相手は「三高(背が高い、収入が高い、学歴が高い)」と言われているように、現在の中国も同じような現象が起こっているのではと思われます。

「剰女」との言葉から、「剰男」や「剰女剰男」も普通に使われるになりました。

 

―固有名詞の中国語訳について―

2013/12/13(金)
「日本のAEON(イーオン)、DAIE(ダイエー)は中国語でなんと言うのでしょうか?」
と中国語受講生より質問されました。

「イーオン」の中国語名は「永旺 yong wang」となり、文字から意味を読み取れば、「永遠に旺盛」と連想することができるでしょう。

「ダイエー」の中国語名は「大栄 da rong」となり、同じく文字上の意味を連想すれば、「大いに繁栄」との理解ができます。

ちなみに、イケヤの中国語は「宜家家居 yijia jiaju」となり、文字上の意味は「家に適している居間」と理解できるでしょう。ここでの「家居」は元の原語にはなく、意味を分かりやすくするために「補足」との手法を使っていると考えます。

このように、固有名詞特に企業名を中国語に訳する特徴として、音読みを取りながら、良い意味を連想させる漢字を使用したり、分かりやすくするために補足したりすることを挙げられます。

pagetop