中国語レッスンの取り組み

受講生の一人一人に合わせた中国語レッスンの取り組み

このページでは一粒中国語教室の下記の事を紹介します。

・中国語レッスンの取り組み

・使うテキストの事例紹介

・中国語学習メソッドの紹介

中国語レッスン進行時に心をかけていること

当中国語教室のレッスンは楽しく効率よく学ぶために、次の4つの点に取り込んでおります。

1) 関連表現をうまく活かします。
2) 新語や流行語を補充します。
3) 日中異文化を比較しながら面白く理解してもらいます。
4) 同形意義語を説明します。

例1. 関連表現を活かす

「独身」を学んだ時、「独身」と関連する表現も合わせて覚えてもらいます。
・打光棍儿(結婚していない男性)
・单身汉(独身の男性)
・单身贵族(収入が高い独身者、特に収入の高い女性に使われる)

例2. 新語や流行語を補充する

言葉は時代や社会の変化によって、常に変化しています。
新しい言葉は社会変化の産物の1つになります。

それを知っていくことはよりその社会を理解でき、コミュニケーションをうまくするのに重要でしょう。

「家族」を学んだ時、最近できた言葉の「月光族」を説明します。
「月光族」(月光一族とも言う)は毎月の給料を使い果たす人という意味です。

例3. 日中異文化を面白く理解してもらう。

例えば、数字を学ぶ時、中国人が好きな数字と日本人が好きな数字を教えます。
具体的には、結婚する時、日本人が奇数の1、3、5、7が好ましいとされますが、中国人は偶数の2,6,8を使うことを好みます。

また9の発音は日本ではあまりお祝い事の場面では使用されませんが、中国語では「久」と同じ発音のため、結婚や出産祝いでは人気で吉な数字とされます。

なお、4は日本語も中国語も発音は「死」と同じのため、余り歓迎されていない数字です。

例4.同形意義語を説明します。

日本語も中国語も漢字を使うため、覚えやすい反面、誤解を招く場合多いので、十分に注意が必要です。

たとえば、「娘」という字は日中言語とも使われていますが、意味が異なります。
→中国語の意味:お母さん(日本語の「娘」を中国語で「女児」となります。)
→日本語の意味:むすめ

また、「愛人」を挙げてみましょう。
「愛人」の中国語では「配偶者(夫または妻)」という意味です。
ちなみに、日本語の「愛人」を中国語で「情人」となります。

このように、当一粒中国語教室ではできるだけ、面白く関連性の強いものを例に例えながら、楽しんで授業を行います。

受講生のご希望を常に聞きながら、個性に合わして、より受講生にマッチするレッスンスタイルを心がけて授業を行います。

当中国語講座を受ける機会があれば、遠慮なくどんどんご要望をお聞かせてください。

一粒中国語教室で使用する中国語のテキストの事例紹介

下記は一粒中国語教室で使うテキストの一部を紹介します。
中国語受講生の現在の中国語のレベルと学習の目的に合わせて、異なるテキストを使用しております。
受講生の実際のレベルと学習目的に応じて一人一人に一番相応しいテキストを提案しております。
また状況に応じて、補助するテキストを使う場合もあります。

現在使っている中国語のテキストの一部です。

一粒中国語教室で中国語初級レッスンに使うテキストの事例紹介

◆ 『新・みんなの中国語会話』
このテキストは会話を中心としています。
様々な場面の会話を挙げているので、読者に適応しやすいと思います。
CDは4枚あり、ゆっくり文を読み上げることで、聞き取りやすく、初心者にとって大変ありがたいテキストでし図書館での中国語ょう。
また、練習の量もたっぷりあることで、会話能力や聴解能力も必ず高めることが期待できるでしょう。

◆ 『漢語会話301句 上』
『漢語会話301句 下』
多くの中国語教室などに使われているテキストです。会話が簡単でスタートしやすいです。

◆『中国語へのアプローチ』
会話を中心とするテキストです。内容が実用的で、文法も厳選したもので、具体例で文法を理解してもらうように工夫しているテキストだと考えます。

◆『中国語ポイント55』
練習を通して、文法のポイントを理解してもらうことを工夫しています。

◆『1年生のコミュニケーション中国語』
基本的な表現を繰り返し練習できるので、初心者でも中国人とコミュニケーションできるように目指している方にはおすすめできます。

◆『一年生のころ』
携帯しやすいサイズです。内容満喫ですが、分かりやすいテキストです。

◆『1冊めの中国語』(会話クラス・購読クラス)
会話と購読はセットですが、内容は大体同じで、より受講生の理解力・会話力を高めることができるテキストです。

一粒中国語教室で中国語準中級レッスンに使うテキストの事例紹介

◆ 『快楽学漢語・説漢語』 (準中級)
実用的な会話、生きた会話を繰り返し練習できるテキストです。イラストを使ってたっぷり練習問題を出しているので、使いやすいテキストです。

◆ 『話せて使える中国語』
初級を終え、中級レベル未満な方に最適です。
特にコミュニケーション力をアップしたい方にお勧めです。
「聞く」と「話す」に重点を置いているので、実用的です。

◆『中国語つぎへの一歩』
初級が終えた方にお勧めです。優しい内容で継続できるように工夫している「やさしめの準中級」テキストです。

◆『応用中国語教室』
初級が終えた後、やや難易度の高い表現を身に付けることができるテキストです。

一粒中国語教室で中国語中級レッスンに使うテキストの事例紹介

◆ 『快楽学漢語・説漢語』 (中級)
中級レベルの中国語コミュニケーション能力を身に付けることができます。実用的な会話、生きた会話を繰り返し練習できるテキストです。イラストを使ってたっぷり練習問題を出しているので、使いやすいテキストです。
◆『大学生のための 現代中国語12話』
中国の文化や社会について理解を深めることができるテキストです。理解力や総合的中国語力を高めることができるでしょう。

◆『実用ビジネス中国語会話』
実際のビジネス場面を想定し、中国語の基礎表現・難易度高めな表現と応用力を向上させることに重点を置いているテキストです。中国とビジネスが関わる方にお勧めできるテキストです。

◆『中国人の暮らし』
中国生活習慣や習俗を取り上げたテキストです。分かりやすい会話文も読解文に分かれ、会話も読む力もアップでき、内容も面白いです。

一粒中国語教室で中国語中上級レッスンに使うテキストの事例紹介

◆ 『快楽学漢語・説漢語』 (中上級)
中国語の中上級レベルの単語、文法をマスターし、中上級以上の中国語コミュニケーション力を身に付けることができます。『快楽学漢語・説漢語』(準中級・中級・中上級)セットで使って学習していくことがより効果的でしょう。
◆ 『時事中国語の教科書』
現代中国の事情をと取り込むテキストです。

上記は一粒中国語教室が使用するテキストの一部の事例紹介です。
中国語受講生のご要望などに応じて対応しております。

中国語学習メソッドの紹介

一粒中国語教室の中国語学習メソッド「維メソッド」です。

少し長いですが、ご興味のある方はごゆっくりご覧ください

中国語翻訳・通訳

  1. 2019.06.25

    中国語司法通訳ワークショップ

  2. 2019.06.10

    中国語の「中专・大专」って日本語で何と言う?

  3. 2019.05.31

    中国語の“中学”って日本語の「高校」?

  4. 2019.05.30

    5ヶ月目の書道作品―中国語解釈付き

  5. 2019.05.10

    「池上彰のニュースそうだったのか」の「勉強」の説明を聞い…

  1. 中国語がうまくなるためには

    2019.01.25

    中国語うまくなるためには

  2. 中国語学習

    2019.01.25

    「乗る」は中国語で何という

  1. 2019.01.25

    2018年の一粒中国語教室の中国語検定受験実績