教室・講師紹介

講師の紹介

代表講師
李維娥
プロフィール
中国語講師 神戸三宮
1996年8月~2002年3月 中国深センの日系企業で勤務
2002年4月来日
2002年4月~2003年3月 日本語学校
2003年3月~2007年3月 関西学院大学総合政策学部
2007年4月~2009年3月 神戸大学大学院
国際文化研究科(翻訳理論専攻)
2009年3月~ 一粒中国語教室 運営開始
2011年11月~ 株式会社GOOMOS(グーモス)設立、一粒中国語教室を法人として運営。
(主業務:中国語会話と中国語翻訳・通訳/日中翻訳・通訳)
———————————————————–
※ビジネス中国語研究会会員
※2007年5月から中国語教師として活動
◆大学在学中は大手スーパーの靴売り場で4年間勤務
◆大学在学中から現在までは中国語講師、行政書士事務所の翻訳・通訳担当
(例えば:中国語の各公的な証明書の翻訳等)
◆好きな言葉:「変える」「志」「夢」
これらの言葉は私の行動の原動力になり、目標を1つ1つ達成できた。
講師:
高陳ちょうの
プロフィール
中国での職歴
1996年8月~2000年6月 中国福建省の小学校の教員
2000年7月~2001年7月 化粧品の販売企画・日本学校での学歴
2001年10月~2003年3月 日本語学校
2003年4月~2007年3月  甲南女子大学文学部 日本語教育専攻(学士)
2007年4月~2009年3月  神戸大学国際文化学研究科(修士)
一粒中国語教室の運営まで、代表講師李維娥の思い

来日前に、私は中国深圳の日系企業で約5年間勤務しました。当時、会社の通訳の姿に憧れ、日本語を自由に話したい、将来日中の舞台で活躍したいとのを持ち始めました。
働いている期間中には、給料の半分を家族にし送りながら、コツコツ留学のための一年目の学費を貯めました。そして、そのを追うために行動しました。2001年夏に「日本へ留学する」と決心し、2002年4月私費留学生として来日しました。

来日後、奨学金とアルバイトと超節約に頼って、自力で日本語学校・大学・大学院の計7年間の留学生活を無事をおわえました。正直、ここまで来られたことが容易なことではなかったですし、当たり前なことではありません。多くの方の助けがあったからこそ本日があると日々強く思っております。

2009年3月大学院を修了前当たりに、自分のこれまでの経験を最大限活かしたい!今まで受けた恩恵を少しでも社会に返したいと強く思いました。小さなことでも良いので、まずは自分ができることからスタートしたいと思った時に、浮かんできたのが「大きな夢が入った小さな中国語教室」の運営でした。よって、「一粒(いちりゅう)中国語教室」を運営し始めました。

どんな経験を活かしたいのか

①中国深センの日系企業での勤務経験

来日前に中国において5年間日系企業で働き、会社の班長や通関業務を任されました。その時から日本人と中国人の言葉遣いによる誤解や異文化による摩擦を多くみてきました。
言葉の壁、異文化への不理解を超えていくことが「コミュニケーション」を取るために重要であることを強く思いました。

②専門職の中国語翻訳・通訳の経験

私は、留学生の時から中国人の在留資格(ビザ)や国際結婚を取り扱う行政書士事務で翻訳や通訳を担当しております。

③神戸大学大学院での「翻訳理論」を研究した経験

神戸大学大学院では言語コミュニケーションを専攻し、日本語から中国語への翻訳方法論に関して2年間に渡って研究してきました。

④貿易会社の運営経験

現在一粒中国語教室を運営している株式会社GOOMOSは2011年11月に設立し、当初は貿易会社としての6年間運営し、現地中国とのやり取りは主に私李維娥がしておりました。

以上のこれらの豊かな経験を活かして、日中異文化、ビジネスなどをキーワードとする中国語レッスンにおいて、受講生にもっとも適切な中国語レッスンを考案できるのではないと自負しております。

さあ!
中国語のお勉強をご検討の方は、是非当中国語教室に訪れてみてはいかがでしょうか。
私の経験を活かしてあなたのために役立てたいです。
あなたの夢に向かってしばらく伴走させてください!

スキル維持のため定期的に研修

中国語講師としての資質を向上するために、中国語を教えてスキルを磨くために、
毎年中国政府が行われている「中国語講師研修」を受けております。

ここでは、2016年8月に受けた中国語講師の研修を紹介します。

今回の中国語教師研修の先生方は中国現地から来日した中国の名門大学である北京語言大学の院長教授3名と大阪大学の教授および神戸外大の教授らです。これらの方々はみんな中国語対外教育の最前線におられるトップクラスの方々です。

研修内容は理論および実践を混じりながら行いました。
講義内容の中でもっとも印象的なのは「中国人だからと言って、中国語を教えられるわけではない!」との言葉、きちんと勉強してプロの知識や技能を取得しない限り、教えてはいけないでしょうとの考え方です。

これはなぜ弊社は普通の大学留学生を講師として雇わない理由の一つです。
中国語教師の研修を受けて、中国語教授の技能、中国語講義のコーディネートスキルをまた一段アップできた気がします。今まで抱えた幾つかの疑問も教え方もこの研修を通して、明瞭になりました。この集中講義をしてとても良かったです。

そして、もう一つ良かったことは、この研修を通して、自分の今までの基本的な教え方と理念が間違っていないことを再確認できたことです。
もちろん、教授技能に関しては、もっと工夫できるところ、もっと工夫したほうが良いところもたくさんありますので、これからも精一杯やっていきたいと考えております。

最後に、ほかのベテランの先生方と交流ができたこと、繋がったこともこれからの自分の中国語講師という生涯にとってとても重宝になるかと考えております。

中国語翻訳・通訳

  1. 2019.07.31

    7ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  2. 2019.07.19

    HSK中国語検定、なんと満点!

  3. 2019.06.30

    中国書道–6ヶ月目の作品とその中国語の意味

  4. 2019.06.29

    中国語司法通訳役したワークショップ、NHK神戸で放送!

  5. 2019.06.25

    中国語司法通訳ワークショップ

  1. 中国語がうまくなるためには

    2019.01.25

    中国語うまくなるためには

  2. 中国語学習

    2019.01.25

    「乗る」は中国語で何という

  1. 2019.01.25

    2018年の一粒中国語教室の中国語検定受験実績