実績事例紹介

神戸三宮一粒中国語教室の実績事例紹介

一粒中国語教室が2009年よりスタートしてから今年(2019年)で速くも10年が経ちました。
この10年間、やってきたことの一部を、下記のようにざっと紹介したいと思います。

中国語代表講師李維娥が行った中国語講義の数

一粒中国語教室の代表講師李維娥は2007年より中国語を教えて始めました。
2009年より一粒中国語教室を開き、中国語講師を職業としてやってきました。
平均周10コマ~15コマ(1コマ一時間)、1ヶ月40~60コマ、年間500コマ以上。
2018年末時点で中国語教授時間を10年で通算すれば、5000コマ以上になる計算です。

中国語講師の研修状況

代表講師李維娥は毎年次のような研修を受けております。

1.中国政府が行っている「対外漢語講師研修」を毎年受講。

2.中国語教授研究会のセミナーは年に1~2回参加。

3.中国語ビジネス研究会の朗読会を1月1回程度参加

4.ビジネスパーソンに「生きているビジネス中国語」を教えるために、
中国語講師である李維娥が経営者セミナーやビジネス交流会を定期的に参加

一粒中国語教室にはどんな受講生がいるの?

一粒中国語教室には、様々な受講生がおられます。

大きく分けると3つのグループになります。

・会社関係の方:会社経営者、役員、百貨店などの販売員、会社員、客室乗務員
・学校関係の方:学校の先生、学校の事務職員、大学院生、小学校・中学校・高校生
・その他:警察官(2010年、2011年兵庫県警研修の講師を担当)、大使館職員の方、定年の方、主婦など

中国語検定の成績

下記は一粒中国語教室の中国語検定の成績の一例です。

・最高レベルの獲得  HSK6級

・最年少の受験生   HSK1級(9歳)

・最高点数      HSK2級(満点)

一粒中国語教室の中国語検定の合格率

下記は一粒中国語教室の中国語検定とHSK中国語検定の合格率(2018年)です。

合格率は93%
・中国語検定・HSK中国語検定受験人数14人
・中国語検定・HSK中国語検定受験合格人数13人

具体的には

  1. 2018/3
    中国語検定準4級 2人、
    中国語検定4級 1人
    計3人(全員合格)
  2. 2018/5
    HSK中国語検定2級 2人
    計2人(全員合格)
  3. 2018/6
    HSK中国語検定1級 1人、
    HSK中国語検定2級 1人
    計2人 (全員合格)
  4. 2018/9
    HSK中国語検定3級 2人、
    HSK中国語検定2級 1人
    計3人 (全員合格)
  5. 2018/11
    中国語検定4級 1人、
    中国語検定3級 1人
    計2人 (1人合格)
  6. 2018/12
    HSK中国語検定4級 2人
    計2人 (全員合格)

一粒中国語教室の”六最

一粒中国語教室の“六最”を披露します。

一、中国語検定の最高レベル:
中国語検定HSK6級(大学院生・会社員などの中国語受講生)

二.最短期間内にとれた中国語検定のレベル:
1年間以内に中国語検定のHSK1級から4級まですべて合格(会社員、週一回の中国語レッスン)。

三、最年少の中国語受講生:
小学生(1年半で中国語検定のHSK1級から3級まで合格)

四、最年長の中国語受講生:
定年後の方(脳のトレーニングとして中国語の勉強を続いていきたいようです)

五、最長期の中国語受講生:
10年以上(マイペースで中国語の学習を楽しく続いておられます)

六、最短期の中国語受講生:
2週間~1ヶ月(中国・台湾などへの留学・駐在する直前に、中国語の簡単の日常会話や挨拶などをできるようにしたいとの方々)

 

中国語翻訳・通訳

  1. 2019.11.08

    日本語の「1割引」って中国語では「9折」というの?

  2. 中国語力アップブログ

    2019.11.05

    中国語の“认识”と“知道”がどう違うの?

  3. 2019.10.31

    中国語の“本来”と“原来”の違い

  4. 2019.10.30

    10ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  5. 2019.10.24

    中国語の量詞”双”と”对”をどう使い分ける?

  1. 中国語がうまくなるためには

    2019.01.25

    中国語うまくなるためには

  2. 中国語学習

    2019.01.25

    「乗る」は中国語で何という

  1. 2019.01.25

    2018年の一粒中国語教室の中国語検定受験実績