中国書道–6ヶ月目の作品とその中国語の意味

 6ヶ月目の作品とその中国語の意味

神戸三宮の一粒中国語教室の李です。中国書道を始めて6ヶ月になりました。週一回楽しく練習を進めています。

写真は6ヶ月目の練習中の作品です。

作品で書いてある「取精用弘 qǔ jīng yòng hóng」の意味は「広範な材料の中から精華を取り出す」です。“取精用宏”とも言います。
写真の右側の「之兰亭 修禊事」は王義之の行書手本です。

関連記事

  1. 中国の国慶節でよく使われる中国語はなに?

  2. 中国語学習

    「乗る」は中国語で何という

  3.  8ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  4. どう違うの?―中国語の”不但・不仅・不单・不光・不只”

  5. 中国の教師節(教師の日)

  6. 中国書道と日本書道ってどう違うの?

無料体験レッスン申込

中国語翻訳・通訳

  1. 2020.02.04

    新型コロナウイルスの関連用語(中国語と日本語の対訳)

  2. 2020.01.30

    13ヶ月目の中国書道作品とその中国語の意味

  3. 2020.01.28

    中国の春節の代表的な食べ物は何?!

  4. 2020.01.13

    中国語の「前程似錦」の意味

  5. 2019.12.24

    12ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  1. 中国語がうまくなるためには

    2019.01.25

    中国語うまくなるためには

  2. 中国語学習

    2019.01.25

    「乗る」は中国語で何という

  1. 2019.01.25

    2018年の一粒中国語教室の中国語検定受験実績