8ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

 8ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

神戸三宮 一粒中国語教室の李です。
中国書道を始めて 8ヶ月目になりました。
まだまだ思うままには書けませんが、少しずつ感覚的にがわかってきた部分もあり、毎回の練習を楽しみにしています。

さて、今月の作品はこれ(上記の写真)です。

左の四字熟語
【忍辱负重】rěn rǔ fù zhòng:意味は「恥を忍んで重責を担う」です。
右は王義之の行書体の手本を見て臨書したモノです。

「継続すること・練習を重ねること」は上達になるための「必経之路(必ず通らなければならない道」です。
そして練習量を重ねていけば、感性も育っていくと信じます。
☛中国語学習も同じだと考えます。
これからも取り組んでいることに励みましょう。
Let’s元気よく楽しく学びましょう!!

一粒中国語教室

関連記事

  1. 21ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  2. 中国語の「前程似錦」の意味

  3. 14ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  4. 6ヶ月目の中国書道作品とその中国語の意味

  5. 13ヶ月目の中国書道作品とその中国語の意味

  6.  19ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

無料体験レッスン申込

中国語翻訳・通訳

  1. 2020.09.28

    台湾戸籍の翻訳

  2. 2020.09.25

    21ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  3. 2020.09.14

    2020年9月のビジネス中国語研究会記録

  4. 2020.09.11

    中国語との同形異義語の例

  5. 2020.09.10

    HSK5級(中国語検定)に合格

  1. 中国語がうまくなるためには

    2019.01.25

    中国語うまくなるためには

  2. 中国語学習

    2019.01.25

    「乗る」は中国語で何という

  1. 2019.01.25

    2018年の一粒中国語教室の中国語検定受験実績