13ヶ月目の中国書道作品とその中国語の意味

 13ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

神戸三宮 一粒中国語教室の李です。
“光阴似箭”(光陰矢の如し)、あっという間に週一回の中国書道を始めて一年以上になりました。
ここに13ヶ月目の中国書道作品とその中国語の意味を更新します。

◆写真の左側の四字熟語を簡体字で書くと「饮水思源yǐn shuǐ sī yuán」になります。
意味は下記の通りです(日中中日辞書から引用)。

【饮水思源】
〈成〉水を飲むとき,その水源を思う;
〈喩〉幸福になっても,そのよってきたるところを忘れない.

人間としては「饮水思源」でなければならないと思います。これからも、常に「恩」を忘れずに、感謝の気持ちでいきたいです。

◆写真の右側は行書体であり、王義之の行書体の手本を見て臨書したモノです。

「饮水思源」を念頭に置いて精いっぱい頑張ります。
Let’s元気よく楽しく学びましょう!!

一粒中国語教室

関連記事

  1. 中国語方位詞の“中”と”里”はどう違うの?

  2. 中国語の進行相の”正在”と持続相の”着”がどう違うの?

  3. 中国語の”把”の構文

  4. 中国書道–4ヶ月目の作品

  5. 中国語の「動詞+方向補語」の構文における目的語の位置

  6. 中国語の「中专・大专」って日本語で何と言う?

無料体験レッスン申込

中国語翻訳・通訳

  1. 2020.04.30

     15ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  2. 2020.04.10

    中国語オンラインレッスン開始

  3. 2020.03.31

    14ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  4. 2020.02.27

    14ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  5. 2020.02.04

    新型コロナウイルスの関連用語(中国語と日本語の対訳)

  1. 中国語がうまくなるためには

    2019.01.25

    中国語うまくなるためには

  2. 中国語学習

    2019.01.25

    「乗る」は中国語で何という

  1. 2019.01.25

    2018年の一粒中国語教室の中国語検定受験実績