中国書道–4ヶ月目の作品

神戸三宮 一粒中国語教室の李維娥です。
週一回の中国書道を始めて4ヶ月になりました。
上記写真は4ヶ月目の練習中の作品です(完成版は提出しているので、写真を撮っていません💦)。

右側の「英姿颯爽(えいしさっそう)は楷書体で書いています。
左側は行書体で、代表書道家王義之らの行書入門基礎編「蘭亭序」からです。

書道の練習を通じて思ったこと:

書道の練習を通じて改めて強く思ったことは、物事ががうまくなるためには「多練(いっぱい練習する」と言う道しかないです。中国語の勉強と似ていて、一人一人それぞれ各自でコツを掴んだりして、要領よく進める人がいることを否定しませんが、最終的には「「多練(いっぱい練習する」が鉄則になるのではないかと考えます。

書道のこんなところが好き!

日本語の諺「好きこそ物の上手なれ(好者能精)」のように、「好き」でないと上手になりにくいというまでもないですよね。
私は中国書道が好きです。
中国書道の「运笔(筆を動かすこと)」が好きです。
また書道に求められる「安神静心(気を落ち着け心を静める)」と言うところが好きです。
(喜欢书法中运笔的感觉;喜欢书法中安神静心的感觉!)

中国語を学習している皆さんにも、好きなところをピックアップしてみてはいかがでしょうか。
Let`s 元気よくしくびましょう
一粒中国語教室

関連記事

  1. 中国語方位詞の“中”と”里”はどう違うの?

  2. 中国語学習

    「乗る」は中国語で何という

  3. 中国語の「穿」と「戴」について

  4. 中国書道と日本書道ってどう違うの?

  5. 中国語がうまくなるためには

    中国語うまくなるためには

  6. 中国語の“热”と“烫”ってどう違う?

中国語翻訳・通訳

  1. 2019.07.31

    7ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  2. 2019.07.19

    HSK中国語検定、なんと満点!

  3. 2019.06.30

    中国書道–6ヶ月目の作品とその中国語の意味

  4. 2019.06.29

    中国語司法通訳役したワークショップ、NHK神戸で放送!

  5. 2019.06.25

    中国語司法通訳ワークショップ

  1. 中国語がうまくなるためには

    2019.01.25

    中国語うまくなるためには

  2. 中国語学習

    2019.01.25

    「乗る」は中国語で何という

  1. 2019.01.25

    2018年の一粒中国語教室の中国語検定受験実績