中国語の量詞「次・回・遍・趟」について

一粒中国語教室の李です。
受講生から中国語の量詞「次・回・遍・趟」についてどのように使分けしたら良いのかとの質問を受けました。
ここに日中・中日辞典の説明を参考しながら、次のようにまとめてみました。

中国語の量詞「次・回・遍・趟」について

⇒数詞+量詞「次」
⇒数詞+量詞「回」
⇒数詞+量詞「遍」
⇒数詞+量詞「趟」

中国語の量詞”次”について

日本語の「回、度」に当たります。
例えば、
◆一次机会 (1回のチャンス)
◆这次会议(今度の会議)
◆一次解决(1度で解決する)

中国語の量詞”回”について

下記の二つのパターンは最もよく使われています。

一、動作の回数を表し、日本語の「回、度」に当たり、上記の「次」と入れ替えできると考えます。
◆这部电影我看过两回(その映画は2回見たことがある)
◆长城我一回也没去过。
(万里の長城には私は一度も行ったことがない)

二、事柄の回数を表ます。
☛一般に“这么、那么、怎么”の後に用いて“事shì”を修飾する.
◆这是怎么回事?(これはいったい何事だ)
◆原来是这么回事。(なるほど,そういうことだったのか)

中国語の量詞”遍”について

動作の始めから終わりまでの全過程を単位として数える「回,へん」
◆请您再说一遍。(もう一度おっしゃってください)
◆这本书我从头到尾看了两遍。(この本は始めから終わりまで2回読んだ)

中国語の量詞”趟”について

日常でよく使われている二つのパターンは次の通りです。
一、往復する動作(1往復)の回数を数えます。
◆他去了一趟上海。(彼は上海に(1回)行ってきた)
◆他想回一趟家(彼はいっぺん帰省したいと思っている)

二、(駅などに)発着する列車などを数えます。
◆赶上gǎnshàng了最后一趟班机。
飛行機の最終便に間に合った.
◆今天夜里还有一趟车。(今夜はもう1本の列車がある)

中国語の学習を応援しております。
Let’s元気よく楽しく学びましょう!

関連記事

  1. 中国語司法通訳役したワークショップ、NHK神戸で放送!

  2. 中国語の”像”について

  3. 2018年の一粒中国語教室の中国語検定受験実績

  4. 中国語の“热”と“烫”ってどう違う?

  5. 中国語の量詞”双”と”对”をどう使い分ける?

  6. 中国語の”痛快”と” 痛痛快快”は同…

無料体験レッスン申込

中国語翻訳・通訳

  1. 2021.11.25

    35ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  2. 2021.11.10

    中国語の量詞「次・回・遍・趟」について

  3. 2021.10.29

    34ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  4. 2021.09.30

    33ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  5. 2021.08.31

    32ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  1. 中国語がうまくなるためには

    2019.01.25

    中国語うまくなるためには

  2. 中国語学習

    2019.01.25

    「乗る」は中国語で何という

  1. 2019.01.25

    2018年の一粒中国語教室の中国語検定受験実績