31ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

31ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

神戸三宮 一粒中国語教室の李です。
第31ヶ月目の作品及びその中国語の意味を更新します。

今月は初めて篆書と金文にチャレンジしてみました。
篆書の基本は「蔵鋒」で、起筆 (きひつ) (書きはじめ)“起笔,落笔”で 鋒先 (ほさき) “笔锋”を包みかくす方法で、中国では,この筆の動きを“欲右先左,欲下先上yù yòu xiān zuǒ, yù xià xiān shàng”と表現しています。楷書と行書の書き方が全然違うところも面白かったです。

篆書の作品は、「 読書仰千古dú shū yǎng  qiān gǔ」で、簡体字は「读书仰千古」になります。
直訳してみると、「読書して千古を仰ぐ」になり、意訳(書道の先生の訳語の引用)すると「古人の書を読んで心を養う」になります。

金文の作品は、「天马行空tiān mǎ xíng kōng」で、天馬が空(くう)を行くとの意味です。
自由奔放で豪放なさま、詩文や書の筆法をたとえることが多いです。

Let’s元気よく楽しく学びましょう!

関連記事

  1. 24ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  2. 6ヶ月目の中国書道作品とその中国語の意味

  3. 23ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  4. 9ヶ月目の中国書道作品とその中国語の意味

  5. 中国語の「前程似錦」の意味

  6. 13ヶ月目の中国書道作品とその中国語の意味

無料体験レッスン申込

中国語翻訳・通訳

  1. 2021.08.31

    32ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  2. 2021.07.31

    31ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  3. 2021.06.30

    30ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  4. 2021.05.27

    29ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  5. 2021.04.30

    28ヶ月目の中国書道作品およびその中国語の意味

  1. 中国語がうまくなるためには

    2019.01.25

    中国語うまくなるためには

  2. 中国語学習

    2019.01.25

    「乗る」は中国語で何という

  1. 2019.01.25

    2018年の一粒中国語教室の中国語検定受験実績